小林西高校 女子 ソフトボール部 監督ノート




 
ソフト部    応援ソング



監督 ノート
 

 
 



◎熱中症 ・ 足がつる予防 対策

 
 

  小林西高校ソフトボール部は、平成22年沖縄インターハイ 初出場。 沖縄県で開催されたため暑さ対策は、ある程度準備して大会に臨んだつもりでしたが、最終的には、熱中症4名、マイコプラズマ3名、計7名の病人を抱えての大会になってしまいました。結果は、ベスト8まで進出したものの、私の勉強が足りなかったために、ベスト4以上に進出させてやることができず、選手たちには申し訳なかったと反省ばかりのインターハイ初出場でした。

  沖縄インターハイの反省から、一年近く同僚の先生方と検討を重ねたのが上記の対策です。文章にすると短いですが、選手もシンプルに理解でき、効果も確認できたと思います。

 それから2年後、平成24年のインターハイは富山県で行われました。フェーン現象も重なり体感温度は沖縄県よりも、蒸し暑く感じる中での大会でしたが、一人の熱中症患者も出すことなく、決勝戦まで戦いきることができました。残念ながら日本一になることは出来ませんでしたが、決勝戦敗退のくやしさや反省が、令和3年の日本一に繋がったと思っています。

                           https://www.youtube.com/watch?v=HABRzLNIZuc
   
 





◎卒業後、企業人としてソフトボールを続ける心構え

 
 






◎巨人軍 原監督 スポーツニュースインタビューより


 
 



ピンチの裏側


 
 






カウントにはルートがある
 









◎格上(ランクが上)の投手攻略方法







◎こうでなければ成らない と いう事は無い
と いう事に気付いたら 心のブロックは外れていく




世界的なオーケストラの指揮者である、小澤征爾が
若いバイオリニストに、 自分のイメージする 
音色を 引き出させたいがために 声掛けした 思いもよらない言葉











小林西高校 ソフトボール部 寮には高気圧高酸素カプセルを準備中です!

 
 


 
ページTOPへ


 Copyright (C)  All Rights Reserved